2005年10月25日

いぬのえいが

「クイール」も「さよならクロ」も冒頭ですでに泣いてたもうやだ〜(悲しい顔)わたし
この映画は何本かのオムニバスで構成されているが
初めのうちは正直つまらなくて、準新作料金で借りてきたことを後悔したがく〜(落胆した顔)
でも、最後の「ねぇ、マリモ」というショートストーリーには号泣したもうやだ〜(悲しい顔)
号泣というか嗚咽に近い感じのたらーっ(汗)だった
映画館で見なくて良かったと思った顔(汗)
夫まで男泣きしていたあせあせ(飛び散る汗)
美香ちゃんという女の子がマリモという仔犬をもらって来てから
犬が死ぬまでの、よくあるといえばそれまでの話なのだけど
自分より小さくて妹みたいなマリモが、いつのまにか自分を
追い越して、自分より先に死んでしまう
「犬なんてどうして欲しいって言ったんだろう」
「犬なんて飼わなきゃよかった」
って後悔する
でもマリモはちゃんと「ずっと愛してくれてありがとう」
って感謝している
最後に「やっぱり犬を飼ってよかった」
「犬をまた飼いたい」と

うちのむすめたちもやがて自分より齢をとって
自分より先に死ぬ
その時に自分の一生が、この人に飼われてよかったな
幸せだったな、と思ってくれるようにしないとな
最近怒りすぎだったことを、ちょっと反省顔(え〜ん)

犬を飼っている人は絶対見たほうがいい
極端な話、はじめは飛ばしてもいいのであせあせ(飛び散る汗)

いぬのえいが プレミアム・エディション

ジェネオン エンタテインメント

このアイテムの詳細を見る


本ちなみに原作の絵本はこちら
ねえ、マリモ

講談社

このアイテムの詳細を見る


ニックネーム ひろりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お気に入り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/207199
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック