2005年11月08日

チェジウにはなれない

韓国から火がついた「黒目が大きく見えるコンタクト」ぴかぴか(新しい)
流行り物好きのわたし顔(笑)も欲しくなって、コンタクトショップへ
コンタクトを作るのは久しぶりなので、まずは眼科で視力測定
まずは裸眼で右0.02左0.03
悪いながらも変わっていなかった顔(汗)

ちなみに視力の良い人はわからないと思うが
0.1以下の視力測定は、穴の開いた丸の書かれた紙を
看護師さんが自分で持って、少しづつ自分に近づいてくる
それが見えたところの距離で測定する
ちなみに0.02だと50cmくらいだろうか

それはさておき、次に現在使用中のコンタクトで
視力を測定すると、なんと0.7しかなかったがく〜(落胆した顔)
特別不自由していなかったのに、これでは車(セダン)免許の更新時
ギリギリのところである顔(え〜ん)
おまけにかなりの傷と汚れがついていた
それもそのはず、普通ハードレンズというのは2〜2.5年くらいが
寿命なのだそうだが、わたしはというと6年以上も使っているのだ顔(汗)
挙句の果てに「このまま使い続けると大変なことになりますよ」
なんてビートたけしみたいに脅される始末
わたしはただ「黒目コンタクト」が欲しかっただけなのに
結局、普段使いのハードレンズも買う羽目になったもうやだ〜(悲しい顔)

その肝心の「黒目コンタクト」だが、軽い度数ならあるが
わたしの度数はまだ、売ってないそうなのだ顔(泣)
ド近眼はチェジウにはなれないのね〜もうやだ〜(悲しい顔)

で、仕方がないので(来年以降売り出されるらしいので
度数だけわかるとすぐに買えるらしい)
普通の「使い捨てコンタクト」を買ってみることにした
     35ae147bae5cbf145ce1a56033d1d61d.jpg
コンタクト歴18年のわたしも、ソフトは初めて
表と裏があったり、外すときもじかに触らないといけなかったり
何かと大変どんっ(衝撃)
おまけにすぐに乾燥するので、目薬が手放せない
新しいハードレンズが取り寄せ品だったので、仕方なく
1週間使ってみたが、面倒くさくて仕方ないバッド(下向き矢印)

この調子だと念願の「黒目コンタクト」も考えちゃうな〜ふらふら
まあ使ってみたところで、顔のパーツが全く違うので
チェジウにはほど遠いのだけどフン

でも今まで「不自由ない」と思っていたコンタクトも
新しいのに変えてみると、景色が全然違う虹
木々の紅葉がこんなにきれいだったとは…紅葉
そんな小さなことに感動したりして顔(笑)

ニックネーム ひろりん at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | むすめたち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/207137
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック